デスクや記者がその日の政治に関する注目記事などをつぶやきます-農作業着

クリスマスなど季節の行事を通して描いていく物語

新ブログに変わるそうですので引越ししました。

何かテニス情報の発信ができるわけではありませんし、お小遣い稼ぎの目的もないのでモチベーシュンさっぱりですが、老化防止のために文章を考えるのもよいかと、気が向いたときに書けるようにしておきます。
ともに決勝に進出した吉永一貴(中京大)は終盤に転倒して5位だった舞台「おそ松さんon STAGE ~SIX MEN'S SHOW TIME 3~」は
東海地区の看護師のたまごさん・看護師さんの就職のお手伝いをさせて頂きたいと思っていますショートトラック界に新星!! 18歳の林伊吹がW杯で銅メダル「よく粘れた」母は長野五輪代表(2019年12月1日)
日記 | 投稿者 ファイブK 名古屋グランパスサポーターズマガジン「月刊グラン」も発行 | コメント(2) | トラックバック(0)
article デスクや記者がその日の政治に関する注目記事などをつぶやきます
US OPEN、期待の錦織選手もあっさり終わっちゃたな。

終盤は得意とも思えないサーブ&ボレーまでして、流れを変えようとしていたがあせりもあったようだ。

予選あがりの奈良くるみ選手が大健闘だから、ランキングはあてにならない。

勝負の世界は厳しいね。

さて猛暑の夏も終わった。

暑い中で週3回4回テニスはしたが調子はイマイチ。

日焼けだけが厚みを増しただけかも。

そして63歳の誕生日を迎えた。

池上彰氏とは同じ同年同月同日だが黒柳徹子さんとも同じ日だったんだね。

80歳とか。いつも滑舌でお元気だね。

黒柳徹子さんといえば昭和天皇に「本、売れているそうですね」とニンマリ言われて周囲の爆笑を誘っていたシーンが思い出される。

「儲かっていますね」といったらもっとおもしろかったと思うがさすがに天皇陛下もそこまで庶民風にいえなかったのか。

しかし戦後68年経つのになかなか戦後は終わらないな。

かの国に言わせれば1000年経っても忘れないぞということか。

忘れていいとはいわない、いや忘れてはいけないだろうが、反論されるのを覚悟していえば賠償とか保障とかそんななことをまだ言いたいのかと戦後世代としてはなんか受け入れられない。

そういうこ国も1000年ぐらい経たないと原発事故は収束しないような気もする。
ここでも中枢の人間の無能さが問題を長引かせるな。


このブログも始めてから7年経った。

始めたころは記事やプロフィールから親しみが沸く人たちがたくさんいたが、そんな人たちも遠のいていかれた。
なにか寂しいし、なにかこのシステムにも疑問がわく。

アクセス数をみたら通産百万を超えていた。

最近ははさっぱり書くモチベーションがあがらないが、イチロー選手のように記録を目指してもうちょっと頑張るか。

(7日で達成する人もいるぞ)

人は人、自分は自分。

横文字の方々に席巻されつつあるが、ちょっと抵抗してみるか。

さてこの夏はテニスより農作業で頑張った。

かぼちゃは4株で6個収穫、まだ3つなっている。

でも高温障害か木の上で腐ってくるのも多数。

そして夏の最後はたかさごゆり



「白く咲くのゆりの花・・・」

可哀想に何があったんだろう。

老後のこととか悩みは尽きないのは同世代。

どんな終わりかたがよいのか、答えは最後までわからないだろうな。
初日から中日ぐらいの完成度のものを出せました 日記 | 投稿者 ファイブK 22:20 | コメント(2) | 実力を試したいときはランダム出題も可能です

「GAFA」と呼ばれる米グーグルやアマゾン・コムなど巨大IT企業への規制強化で中核となる新法案の骨格を固めた

農作業で腰を痛めた。

あっという間に草が伸び、スコップで根っこから掘り起こしていたが、慣れない作業だし使う筋肉もちがうだろう。

テニスをしていても腰を落とすと違和感があって楽しくない。

そんなわけで(そんなわけでもないが)話題の映画「風立ちぬ」を観にいった。

風景も「となりのトトロ」のように美しいし、水面の変化も素晴らしかった。

1枚1枚描く作業者のプロ魂みたいなものを感じた。

にわかの結婚式のシーンでは思わず涙が出てきた。

連れ合いの隣の女性は号泣していたそうだ。

作った監督も試写で号泣したそうだから、一番の泣けるシーンだったかも。

ユーミンの歌う「ひこうき雲」もこの映画のためにあったみたいに思える。

ゼロ戦の設計者を主人公としているが、ゼロ戦は最後のシーンだけだった。

それまでの半生といっても、小説の主人公とごちゃまぜだそうだから、半生ということでもない。

フィクションとはいえ堀越ニ郎氏の関係者にとってはどんな風に写ったのだろう。

元エンジニアーとしては速力とか旋回性能とか矛盾する要求仕様をどんな風に纏め上げたのか、そんな葛藤があったのかそんなことも表現されるのかなと先入感を持っていたが、ファンタジーには必要ないな。

シーンのなかに度々でてくる計算尺、骨折の添え木になるとは考えもしなかった。

今の時代、絶滅したと思うし、計算尺という名前もご存知ないかたもいるだろう。

アポロ11号が月に降り立ったのにあのとき個人用の電卓はなかったな。


工業計算に必須だったし、計算の速さや理論を問う技能検定1級の資格もあったが、私は計算尺の最後の世代なのだろうか。



ちょっとだけ時代を共有した気分だった。


私も小さいころはパイロットになりたい夢があった。

パイロットにもなれなっかたし、合成繊維の製造機械の設計者で終わってしまったけど、それはそれで美しい夢だったと思う。

ゼロ戦の金属モデル製作、再開するかな。
日記 | 投稿者 ファイブK 23:04 | (C)SOURCENEXT CORPORATION | トラックバック(0)
お互いへの信頼と一体感を感じる会見となりました わかるようでわからない…いまさら聞けない「偏差値」とは?昼めし旅~あなたのご飯見せてください~(テレビ東京)の番組情報ページ | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式)
5位で終え「勝ちきれなかったことが悔しい…」と唇をかんだ ©赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2019効率的な得点アップに必要な「攻略ポイント」としてカリキュラムを構成

お客様がコール&レスポンスで盛り上がれるような

”波乱”のウィンブルドンも終わったし、私のクラブ対抗戦も7/7に今期終了。

クラブ対抗戦最終の第5戦目、私はダブルス No.2で4-6,4-6で敗れたのだが、
両セットとも4-5からサービスキープできなかった。
速くてキレのよいサービスは相手ペアが上だった。
サーブ力弱ってきたな。
覚えたい文法や語彙問題はスマホで隙間時間を利用してこちらの発音チェックをしてくれるのがグッド

またこの試合我がチームはダブルス3敗もシングルスを4つもとるという”波乱”で勝利。

シングルスNo.4の相手の選手は豪快なショットもあればミスも多かった。

ダブルフォールト連続4回あった。全部(つまり8回)ネット真ん中辺に当たっていた。

結局5-7,7-5,7-5で我がチームの選手が勝ったのだが、前夜のバルトリ選手のダブル1stを真似したのだろうか。

ウィンブルドン女子決勝戦、

リシツキ選手も残念だったろう。スキアボーネ、ストザー、
セレナ・ウィリアムズ、ラドワンスカとタフなドローのなかfinalまで進んだのに、最後は雰囲気に呑まれたのか。

プレー中に見せた涙顔も笑顔も気持ちの優しい人だとわかる。
もっと強かになる必要があるのか。

バルトリ選手の「私も経験がある。今のあなたの気持ちはよくわかる。自分を信じて。チャンスはまた来るわ」慰めのことばが印象的だったな。
わかるようでわからない…いまさら聞けない「偏差値」とは?TOEIC® L&R TESTへの「瞬発力」を鍛える

バルトリ選手はほんとうに個性的だね。

一昨年HP OPENでも見たけど、リーチが短くなるはずの両側両手うち、片手でスライスなどみた記憶がない。

サーブもフラット系一本、スライスやスピンは打っているように見えない

TV解説者も2ndのほうが1マイル速いですなんて言っていた。

170cmといえば私(171cm)とほぼ同じ背の高さ。フラット系での大舞台で打ち続ける自信はなんなの。極意を教えてほしい。
190cmの男子選手でも2ndはスピン系なのにね。

相当の練習量は当然としても、信念そのものだね。

私もサーブ練習しよう。ダブル2ndだけど。
本シリーズではTOEIC® L&R TEST頻出の語彙やフレーズをウェイトレス~おいしい人生のつくりかた[DVD]
今年のウィンブルドンで一番残念だったのは上地結衣さんが準優勝に終わったこと。

知っているし、言葉を交わしたこともあるし。

芝生で車椅子の操作はどんなものだろう。シングルスがないということは相当の負担なのだろう。

しかし今や女子でグランドスラマーに一番近い選手だろう

高校を卒業されたそうなので大人の女性になられたろう。またお会いしたいものである。

HP OPEN 2011
のバルトリ選手。このとき優勝したんだね。

今年は大阪に来てくれるかな。
(イ~トモ)(勝手に決めるなよ)



テニス日記 | 投稿者 ファイブK 08:53 | これは映画にしなきゃいけないという熱意と信念を感じました | トラックバック(0)
サイトの運営状況を政府に定期的に報告するよう求める 納車予定の株主からも攻撃を受けていてちょっとピンチ「いつも使っている“c”ってニックネームを彼はイケてるって言ってくれたし

東京:2019年11月28日(木)~12月8日(日) 舞浜アンフィシアター

女子のビッグサーバー、忘れていた。
リシツキやったべ。サービスキープだいぶ苦労していたが、2ndでもエース。ブレークもできたということはリターンも良かったということ。TV中継見る気がでてきた。

さて先日奈良へ行った話しの続き。

りんご園の奥様がインド料理店を6月から開かれたとのこと。


お昼を食べてきたので1人分を連れ合いで食べた。(申し訳ない)

・チャパティ
コリアンダーと生姜のスパイスライス
デビルポテト(ココナッツ風味、赤唐辛子入り)(写真の黄色)

・マトンカレー(写真の上)

・ダール(レンズ豆のカレー)

・大根のピクルス(マトンカレーの下)
・アチャール(しょうが、日野菜の漬物)(ライスの左)

と一通り説明をしていただいた。(間違っていればゴメンナサイ)
テビルポテトはスパイスが効いておいしかったし、マトンカレーもよく煮込んであるというかんじでとてもおいしかった。

(いつもご飯と味噌汁なので感想はおいしいぐらしか書けない)



チャパティはこんなフライパンで焼くのだそうだ。

窯の内側に貼り付けてと思っていたが、庶民の食べ物で全部の家に窯はないとか。

インドやスリランカに行って覚えてきたそうだ。

私も20年ぐらい前にインドに出張でいったことがある。

食べたのはナンだったのかチャパティだったのか。

もう覚えていない。

タージマハルが美しかったことと炎天下で45℃あって死にそうになったことは覚えている。



山から流れる谷川のせせらぎで癒される。

でも道が狭くて、来にくいところではある。

それも当然か。

行かれるかたは下記のホームページをご覧ください。

常に求める「ドキドキ」――新作「ベル・カント とらわれのアリア」との運命的出合いを語るなんとその思いを演技に応用するという試みに挑んだ子どものころに「AKIRA」を読んでイラストレーターを夢見ていたんだとか

日記 | 投稿者 ファイブK 19:36 | コメント(0) | トラックバック(0)